<Serialization>

E

Poem, TOKYO

Oct 26, 2023

E

by Mizuho Ishida

tr. Michiyo Sekine

Soul    the soul that has been believed as    the substance transcending time

Actually,    without noticing eternity

Gets lighter with time, loses the form and materials,

Eventually the light    the soul——a winged poem,    if true



*



Pricking,    stinging the emptiness,    keeping

Broken,    and living,

Punctum of an earbee






note

Photography: The beginning of the image©️Akiyoshi Taniguchi, 2023

Tags:

石田瑞穂

魂 時間を超越する実質 と考えられてきた魂が
じつのところ 永遠のことなど気にもとめずに
時が経つにつれて軽くなり形相も質料もやがては
光さえ喪う 魂とは—翼ある詩 だとすれば





突く 空を刺す 毀れ
つづけながら 生きる
耳蜂のプンクトゥムよ

Mizuho Ishida

Mizuho Ishida

詩人。国際ポイエーシス / ポエトリーサイト「Crossing Lines」プランナー。近年の詩集に『Asian Dream』(2019年、思潮社)、新刊に長篇詩『流雪孤詩』(2022年、思潮社)がある。2020年11月には東京・蔵前のギャラリー「空蓮房」で1ヶ月半にわたり、写真家谷口昌良との共同展「Cath the Emptiness」を新型コロナ禍の中で開催した。アートと詩のコラボレーションブックとして2020年に『空を掴め』(写真:谷口昌良、Yutaka KikutakeGallery Book)、2021年に『sibira』(ドローイング:野原かおり、写真:砺波周平、Stoopa. Ltd)を上梓。詩、アート、骨董、旅のエッセイも連載している。
 
連載エッセイ:
「詩への旅」左右社https://sayusha.com/readings/poetry/-/post-1453
「旅に遊ぶ心」(写真:砺波周平)鬼怒川金谷ホテルhttps://kinugawakanaya.com/tabi/
「眼のとまり木」Crossing Lines
https://note.com/crossing__lines/
 

Share

あの夏の砂つぶが