<Serialization>

E

Poem, TOKYO

Nov 23, 2023

E

by Mizuho Ishida

tr. Michiyo Sekine


A garden the alphabet swarms   what is necessary for the walk is

Not dissolving yourself into greenery but, by passing through it,

Humming separating out something from magpies and fresh grass   in the green

Depths, the hidden letters and rhymes should be watched and listened to

 

*

 

Slumbering Z, the furthest neighbor of 

The mother tongue  War, the shape of mouth open

The fruits of bayberries ripening deep






Tags:

石田瑞穂

アルファベットの群がる庭 その散歩に必要なのは
緑への自身の溶け込みではなく緑を通過することで
鵲や嫩草からなにものかを析出するハミング 緑の
深みで眺め聴くべきは秘められた文字と韻律のほう





母語のいちばん遠い隣で
まどろむZ warは口が瞠く形
山桃の実がしんしんと熟れて

Mizuho Ishida

Mizuho Ishida

詩人。国際ポイエーシス / ポエトリーサイト「Crossing Lines」プランナー。近年の詩集に『Asian Dream』(2019年、思潮社)、新刊に長篇詩『流雪孤詩』(2022年、思潮社)がある。2020年11月には東京・蔵前のギャラリー「空蓮房」で1ヶ月半にわたり、写真家谷口昌良との共同展「Cath the Emptiness」を新型コロナ禍の中で開催した。アートと詩のコラボレーションブックとして2020年に『空を掴め』(写真:谷口昌良、Yutaka KikutakeGallery Book)、2021年に『sibira』(ドローイング:野原かおり、写真:砺波周平、Stoopa. Ltd)を上梓。詩、アート、骨董、旅のエッセイも連載している。
 
連載エッセイ:
「詩への旅」左右社https://sayusha.com/readings/poetry/-/post-1453
「旅に遊ぶ心」(写真:砺波周平)鬼怒川金谷ホテルhttps://kinugawakanaya.com/tabi/
「眼のとまり木」Crossing Lines
https://note.com/crossing__lines/
 

Share

あの夏の砂つぶが